キャッシングの申し込みをする際、総量規制により原則として年収の3分の1を超える借入はできなくなっています。
また、50万円を超える借入をする場合には、所得証明書を提出する必要があります。

 
この総量規制は、キャッシングを利用する際にかなり面倒な存在だと言えます。
特に、収入が少ないアルバイトや個人事業主にとっては、総量規制によって満足いく借入ができないケースも多いです。

ただ、総量規制の対象となるのは消費者金融でキャッシングをする場合であり、銀行の場合はその対象外となります。
したがって、年収がそこまで多くなくても、信用と実績があると判断されれば、年収の3分の1を超える借入をすることもできるのです。

銀行系のデメリット

ただし、銀行の場合は消費者金融と違い、即日での融資が受けづらい欠点があります。
また、審査の方も銀行の方は少し厳しくなっているので、アルバイトや個人事業主にとっては少しハードルが高いです。

さらに、銀行でのキャッシング利用は、いろんな書類が郵送されることも多いため、家族に知られてしまう恐れもあります。
したがって、そういったことを避けたいのであれば、総量規制の対象外とはいえ慎重に検討しなければなりません。

また、消費者金融を利用する場合でも、借入金額が50万円以下の場合は、同じように総量規制の対象外となります。
したがって、年収が100万円程度であっても、返済能力があると判断されれば、50万円まではキャッシングすることが可能となっています。

また、所得証明書の提出義務もないので、業者側が求めなければそちらも提出する必要はありません。
どちらにしても、総量規制の対象や範囲はしっかりと覚えておくべきですし、それを把握した上で自分はどういったプランで申し込めばいいのか、どのような業者を利用すればいいのか、考えていくようにしましょう。
特に、会社員でない人の場合は、なおさら総量規制の内容を知っておく必要があります。