現在、カードローンやキャッシング業者には「総量規制の対象となるものとならないもの」があります。
この違いによって借入れできる金額に大きな違いがあったり、お金を借りることが出来る人の条件が違ってきます。

そもそも「総量規制」とは、簡単に言うと「その人がお金を借りる時の上限金額を制限する規制」です。
具体的には「年収の1/3を超える借り入れを制限する規制」というのが総量規制なので、年収300万円の人ならば100万円までの借入れが可能であるということになります。
逆に、100万円を借り入れたいのであれば年収300万円以上が必須となるため、それ以下の年収の人は100万円の借り入れが実質的に利用できない状態になるということです。

銀行系と消費者金融系の違いとは?

総量規制はすべてのカードローンに対して影響を与える訳では無いということを冒頭で書きましたが、その最たる違いが「銀行系と消費者金融系の違い」に出てきます。

総量規制は「貸金業法」に対して影響する規制であり、それ以外の法律・規制(銀行法など)によって管理されているカードローンについては対象外となります。
よって、貸金業法で管理される消費者金融系は対象となりますが、銀行法で管理される銀行系は対象外となる訳です。

明確な借り入れ上限が無いということは、借り入れの目的や審査結果に応じて高額な借り入れが実現できる可能性があるということになります。
根本的にカードローンは使途自由のフリーローンですので自由度の高いお金ではありますが、事業性資金としての使用は制限されていることが多いです。
その為、事業資金として高額な借り入れをすることが出来づらいというだけでなく「制限される」という状況になりますが、仮に認められていたとしても借入れ上限がある場合には必要な金額に達しない可能性が高くなります。

また、年収によって借入れ上限が設定されてしまうということは、「収入がない人は契約出来ない」と言うことになります。
要するに専業主婦などはカードローンを利用できないということになってしまいますが、総量規制対象外であれば借入の可能性が残ります。