悩む女性お金を借りたい、そんな時にまず思いつくのが銀行融資です。
銀行では住宅ローン、カーローン、教育ローン、借り換えローン、フリーローン、カードローンなど様々な融資を用意しています。

銀行は信頼性と安全性が高いため安心して借りることができ、また、低金利でお金を借りられるのが特徴です。
低金利でお金を借りられるということは利息を抑えることができるため、返済時の負担を軽減することができます。

ローン金利は年利率で表示されています。
例えば、年利3%~15%と表記されていれば、この利率区間で貸付が行われます。
年利の中に手数料等が含まれているので、原則として年利から算出した利息以外の支払いが発生することはありません。
ただし返済が遅れた場合には約定返済の違反金として、遅延損害金が発生するので注意しましょう。

実際の金利は、各銀行、ローン商品、利用額によって変わります。
そのため銀行融資を利用する時には、まず利用目的からローン商品を選び、その上で各銀行の年利率を比較してみましょう。
また、希望利用額から実際の金利はどのくらいになるのか確認も必要です。
銀行のローンに限らずですが、利用額によって年利は変わります。
年利3%~15%のケースでみると、利用額100万円以下は年15%、利用額100万円以上・200万円以下は年13%、利用額200万円以上・300万円以下は年10%というように各社で設定しています。

ただ、金利が低いほど審査は厳しくなります。
融資は債務者の信用が重視されるため、高い返済能力が求められるためです。
一般的には高い年収を得ており、将来性のある会社に勤務しているといいとされていますが、それよりもこれまでの借り入れ状況が大きく影響します。
高い収入を得ている人でも、過去に返済の滞納をしたことがあれば低金利での融資は難しくなるでしょう。
審査に落ちると、それも信用として記録されるため、できるだけ一発で審査に通過できるローンを選ぶことが大切です。