月末の給料日前というのは、どこの家庭もお金が少なくなってしまうものなので、やりくりで頭を痛めている専業主婦の方は多くいます。

足りない分のお金はキャッシングで補えばよいので、銀行などの金融機関に申し込むことをおすすめします。

キャッシングなら消費者金融の方が気楽に申し込めるという方は多いですが、安定した収入のない専業主婦は利用できないので、たとえ申し込んだとしても審査を通過することはありません。
パートやアルバイト、派遣社員など、仕事をしていて安定した収入があるなら、審査に合格出来ますが、まったく仕事をしていない人の場合は不合格になるので気を付けるようにしてください。

専業主婦が消費者金融からお金を借りれない理由

なぜ収入のない専業主婦が消費者金融の審査に落とされてしまうのかというと、それは総量規制の問題があるからです。

賃金法により、消費者金融は年収の3分の1までしか借入できないと定められていますから、この総量規制の関係上、年収がまったくない専業主婦がキャッシングすることは出来ないのです。

しかし銀行や信用金庫は銀行法にもとづいて運営しているので、総量規制の対象外となります。
総量規制に縛られることがないので、収入のない専業主婦でも、夫に収入があるなら借入することが可能です。

それに銀行でキャッシングを行うと、低金利で借入できるというメリットがあります。
銀行と消費者金融の金利を比較してもらうとわかりますが、銀行の方が低金利なので、長期で多額のお金を借りた場合でも、少ない利息で済みます。
返済するときの金額が少ないと、それだけ早く返し終わるので、長々と借りているよりは気持ちも楽になるでしょう。

昔は審査にかかる時間が長く、融資を受けるまでに時間がかかるといわれていた銀行も、近頃はかなりスピーディーに対応できるようになっています。
申し込んだ日時によっては即日融資を受けられることもあるので、専業主婦がお金が必要なときは、総量規制の対象外の銀行から借入するようにしましょう。