穴を覗く人銀行や消費者金融のカードローンを使ったキャッシングは、生活をちょっとだけ豊かにできる非常に便利な商品です。
しかし実質は借金と同じで、世間体はあまりよくありません。
キャッシングで借金していることが家族に知られれば、家族関係や夫婦関係にひびが入るような事態にもなりかねません。

したがってカードローンを利用する場合は、できる限り家族などにバレないようにすることが大切になります。
借金していることがバレないようにするためには、まず始めの契約段階から注意しておくことが必要です。

家族に知られるきっかけとしては郵送物が主になりますので、自宅へ金融機関からの郵送物が届かないようにしておかなければいけません。
自宅に届けられるものとしては契約に関する書類、ローンカード、利用明細書などが代表的です。

バレないよう利用する方法

このうち利用明細書は多くのカードローンでWEB上の確認で済むようになっていますので、そちらを申し込んでおけば自宅に届くのを防ぐことができます。
ローンカードや契約に関する書類については、まだまだ多くの金融機関で自宅に送付されるようになっています。

ただし一部の金融機関ではローンカード不要でキャッシングできたり、WEB上ですべての契約手続きができるようになっていますので、完全に家族にバレないようにするためにはそのような金融機関を利用するといいでしょう。

また自動契約機などを利用するのもひとつの方法です。

知り合いに出入りしているところを見られるリスクはありますが、それさえ避ければその場ですべての手続きができるので、自宅へ郵送物が送付されるのを防ぐことができます。
発行されたローンカードは提携ATMなどで利用できますので、コンビニなどで使えば自らの預金を引き出すような感覚で借金をすることができます。

ただし、いくら契約段階で注意していても、支払いの延滞などを起こしてしまえば自宅へ督促の知らせが届いてしまいます。
返済は必ず遅れずにするように心がけましょう。