総量規制の影響を受けずに年収の3分の1以上借りれる銀行カードローン

カードローンは銀行系と消費者金融系の二つに大別することができます。

一般的にカードローンと言われて連想されるのは消費者金融系でしょうが、銀行系には銀行系の良さというものがあるため、それを知った上で選ぶことが必要になります。

では銀行系の良さとは何かと言うと、それが総量規制の影響を受けず、かつ低金利で借りられるということなのです。

  • 総量規制…改正貸金業法によって規定される融資額の上限のことで、貸金業者として登録する消費者金融はこの規制があるために融資希望者の年収の1/3までしか融資することができなくなっています。

年収が0円になる専業主婦の場合は1円も融資してはならないとされるため、これまでは普通に借りられたような人であっても消費者金融からは借りられないというケースがそれなりに見受けられるようになりました。

しかし銀行は貸金業法ではなく銀行法によってその経営を制限されるものですから、総量規制があっても年収に関係なく融資をすることが可能です。

さらに低金利というのは銀行の経営体力の多さと、メインの事業がカードローンではないことが関係しています。

メインの事業がカードローンとなっている消費者金融の場合は、そこで得られる金利をある程度確保しないと利益が出ずに経営を維持できないというのが普通です。

銀行系のカードローンのイメージを変えよう!

銀行の場合はもともと事業融資や住宅ローン融資といった高額融資を行っており、それによる金利でかなりの利益を出せる状態にあります。

加えて預金業務とそれに付随する手数料などを含めれば、極端な話カードローンが無くとも経営は出来るわけですから、低金利にして顧客を集めるだけの余裕があるわけです。

「総量規制の対象外である」ということだけを知っている人はこの低金利であることを見落としていることもそれなりにあり、審査が早く済むということで消費者金融系だけを選択肢にしていることもあります。

ただそれは非常に勿体ないことです。
最近の銀行系でのカードローンは利用者に向けたサービスが豊富なので、銀行系の良さもしっかり知った上で、自分に合った業者を選定するようにしてください。

年収の3分の1以上でも借りれるカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行

実質年率 2.0~14.0%
利用限度額 最大限度額1000万円
申し込み WEBから24時間受付
WEB完結の申込で来店・郵送不要なので、忙しい方にもおすすめ!
みずほ銀行のキャッシュカードをお持ちの方はカードローン口座開設後、お手持ちのキャッシュカードでご利用までがスムーズに。
利用限度額も最大1000万円で幅広くご利用いただけます。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行

実質年率 4.0~14.5%
利用限度額 最高800万円まで
融資 最短即日利用可能
審査スピード 最短30分
審査時間最短30分で即日融資も可能なので急にお金が必要となったときでも便利。
担保・保証人不要で、借入額300万円以内であれば収入証明書提出も不要!
お近くの提携ATMでの借入・返済の手数料いつでも無料。
契約から融資まで、すべての手続きをネット上でできるWEB完結サービス。
(※当行の口座をお持ちで、インターネットバンキングからのお申込の場合のみ。)

三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5~18.0%
利用限度額 限度額500万円
融資 最短即日利用可能
審査スピード 申込み完了画面に表示
【主婦OK!】
レイクを初めて利用する方には、選べる2つの無利息ローンのサービスあり!
借入額全額を30日間無利息または、借入額のうち5万円までを180日間無利息
即日振込も可能なので、とってもスピーディー!

新生銀行カードローンレイクの公式サイトはこちら




ページの先頭へ