総量規制の影響を受けずに年収の3分の1以上借りれる銀行カードローン

カードローンは銀行系と消費者金融系の二つに大別することができます。

一般的にカードローンと言われて連想されるのは消費者金融系でしょうが、銀行系には銀行系の良さというものがあるため、それを知った上で選ぶことが必要になります。

では銀行系の良さとは何かと言うと、それが総量規制の影響を受けず、かつ低金利で借りられるということなのです。

  • 総量規制…改正貸金業法によって規定される融資額の上限のことで、貸金業者として登録する消費者金融はこの規制があるために融資希望者の年収の1/3までしか融資することができなくなっています。

年収が0円になる専業主婦の場合は1円も融資してはならないとされるため、これまでは普通に借りられたような人であっても消費者金融からは借りられないというケースがそれなりに見受けられるようになりました。

しかし銀行は貸金業法ではなく銀行法によってその経営を制限されるものですから、総量規制があっても年収に関係なく融資をすることが可能です。

さらに低金利というのは銀行の経営体力の多さと、メインの事業がカードローンではないことが関係しています。

メインの事業がカードローンとなっている消費者金融の場合は、そこで得られる金利をある程度確保しないと利益が出ずに経営を維持できないというのが普通です。

銀行系のカードローンのイメージを変えよう!

銀行の場合はもともと事業融資や住宅ローン融資といった高額融資を行っており、それによる金利でかなりの利益を出せる状態にあります。

加えて預金業務とそれに付随する手数料などを含めれば、極端な話カードローンが無くとも経営は出来るわけですから、低金利にして顧客を集めるだけの余裕があるわけです。

「総量規制の対象外である」ということだけを知っている人はこの低金利であることを見落としていることもそれなりにあり、審査が早く済むということで消費者金融系だけを選択肢にしていることもあります。

ただそれは非常に勿体ないことです。
最近の銀行系でのカードローンは利用者に向けたサービスが豊富なので、銀行系の良さもしっかり知った上で、自分に合った業者を選定するようにしてください。



ページの先頭へ